2018/07/17

2018年1月某日、元ボクシング東洋太平洋チャンピオンの加藤 善孝さんがexeに体験訪問してくれました!

とあるきっかけで知り合ったチャンピオンに「体験に来てくださいよ」とお声かけしたところ、
二つ返事でOKをいただいたことから体験レッスンが実現!

プロのアスリートによる競技のためのトレーニングと、ボディメイクのためのトレーニングの違いに
ときどき驚いた様子も見せながらの体験でした。

こちらでは体験の様子をお伝えいたします。

元チャンプ、体験トレーニング開始!

画像

体験トレーニング前の加藤さん

久々のトレーニングのようでしたが、どうなるのでしょうか。

 

画像

まずは、大胸筋のトレーニング、ベンチプレスから。

さすが元チャンプ、軽々と持ち挙げていきます。
トレーナーからは、胸の筋肉を効率よく使うために、肩甲骨や背骨をどのように意識すればいいのか、指示が飛びます。
 

===◆対談◆===

倉科(以下、倉)
 「 昨年末で現役を終えられたとのことで、本当にお疲れさまでした。
  現役を終えて、今は日常のトレーニングの重要性をどのように考えていますか?」

加藤(以下、加)
 「 昨年末に現役を離れプロアスリートとしての活動はなくなりましたが、
  やはり日々の生活を健康的に送るうえでトレーニングは必要です。
  しかし、今は仕事もあって以前ほどトレーニングに時間をかけられないため、
  『いかに効率よく鍛えるか』を重視するようになりましたね。」

 「確かに、トレーニングだけ、という訳にはいかないですよね。
  当店も『忙しい方にこそ効率のいいトレーニングを提供する』ことをコンセプトにしていますが、
  今回体験していただいた exe のボディメイクトレーニングについて感想を伺えますか?」

 「ベンチプレス(大胸筋トレーニング)ひとつにしても、ただただ重い重量を挙げろというのではなく、
  いかに効率良く正しく筋肉を動かすか、に重きを置いていると感じました。
  筋肉の形の作り方など、ボクシングのトレーニングとはまた違った発見があり興味深かったです。
  ここでのトレーニングを身体に染み込ませていけば、日常生活での動作、
  例えば階段の上り下りや荷物を動かすことなども、筋活を兼ねたものにしていけると思いますね。」

 「exeの設備についてはどのようにお感じですか?」

 「機材自体はそれほど多くはありませんが、フリーウェイト(バーベルやダンベルなど)主体ならむしろ機能的だと思います。
  トレーニングマシンをいくつもこなすより、フリーウェイトや自重トレーニングメニューを正しく
  消化していったほうが、個人的には理想の身体へと近づいていけると思いますしね。」

 「店舗の意図までご理解いただいて、うれしい限りです。
  恥ずかしながら、トレーナーとしての私自身についてもお言葉をもらえますか?」

 「もともとは全くの異業種だったと聞きましたが、理論に基づいたトレーニングを提唱しているだけあって、
  アスリート視点で見ても、非常に納得のできるメニュー構成になっていると感じました。
  大学生アスリートとかも受けに来たらいいのに、と思いましたね。
  人柄についても柔らかい印象であり、知識も深く人間的に魅力のある方ですね。
  初心者にも非常にわかりやすい説明で、なんとなく『先生』って感じですよね(笑)」

 「ありがとうございます(笑)。以前の仕事柄、人に教えることは得意かもしれませんね。
  最後に、これからexeの体験トレーニングを受けようと思っている方にメッセージをお願いいたします。」

 「どこかでトレーニングを受け失敗や挫折をしてしまった方、初めて本格的にトレーニングに臨まれる方でも、
  まずは一度体験レッスンでexeの理論的なトレーニングを体験してみてください。
  倉科さんに励まされると、今回こそ!って気持ちになると思いますよ!」

 

========================
加藤 善孝氏 プロフィール
第57代日本ライト級王座(防衛7回の後、タイトル返上)
第45代OPBF東洋太平洋ライト級王座(防衛1)
プロ通算戦績 30勝(9KO)8敗2分
========================